自然の恵みを受ける家

目的

 
サンエコスマートハウスとは「自然の恵みを受ける家」をコンセプトに、「太陽の光」「空気中の熱」「風の流れ」という自然の中にある3つのエネルギーや資源を活かした家づくりが基本設計です。
その目的は、住宅というものが一生涯において最大の買い物であり、かつ長期の融資返済と同時に光熱費という維持費も同時に高くなるため、それらを改善できる商品作りを考えました。その上で、普段の生活を圧迫することなく、かつそこを改善しつつ、快適な生活、加えて融資返済に無理のない住宅を検討した際に、サンエコスマートハウスが生まれました。

特長

 
1.太陽の光とは太陽光発電により電気を創り、自ら創った電気で生活し、そして快適なエコ生活によって生活維持費を削減すること。

サンエコスマートハウスは太陽光発電によって自然の光を電気に替えることができ、その結果において電気代がグーンと安くなります。また、リビングに設置した発電モニターは発電した電気、かつ消費している電気を見える化することができることで家族全員の省エネ意識が高まり、生活維持費を大幅に削減することができます。

2.空気中の熱を集め、わずかな電気を使ってエネルギーを創ることができます。これが「ヒートポンプ」という省エネ技術です。

ヒートポンプを利用すると、使ったエネルギー以上の熱エネルギーを得ることができるため、大切なエネルギーを有効に使えます。CO2排出量も大幅に削減できるから、地球環境保全にも貢献します。

 
日本で販売されている最新のヒートポンプエアコンは1の投入エネルギーで6の熱エネルギーを得ることができす。高効率なので電気の消費量は1/6。とっても省エネです。

3.風の流れとは家全体に「ゆるやかな自然の風が流れる」構造を創ります。それにより、各部屋の温度差が少なくなり、結露の無いクリーンな空気の快適な家ができます。
 サンエコスマートハウスはヒートポンプ式寒冷地エアコン一台で暖房を賄う構造です。そのため、家全体にはゆるやかな自然の風が流れる構造となり、各部屋の温度は一定の標準的なものとして保つことができます。この構造によって各部屋の温度差が少なくなる分、寒冷地独特の湿気や結露が少なくなり、クリーンな空気の中で快適に暮らすことができます。

 サンエコスマートハウスは「太陽の光」と「空気中の熱」と「風の流れ」を利用して、地球にも家計にもやさしい「自然の恵みを受ける家」です。

 

構造上のメリット

 
・基礎断熱
基礎断熱は基礎のコンクリート自体を断熱材で覆うためコンクリートに熱が伝わりにくく、暖かい床下空間になります。
・外壁
吹き込みGW+硬質ウレタンフォーム麻付加断熱によりQ値1.367を達成
札幌版次世代住宅基準ミニマムレベルをクリア

・温度ムラが少なく、ヒートショックを起こしづらい。
一台のエアコンで各部屋の暖房を行うため、部屋の間の温度に大きな差が生じず、ヒートショックを防ぐことが出来ます。
ヒートショックとは急激な温度変化により、血圧が上昇、下降したり脈拍が早くなる状態をいい、心筋梗塞や脳血管障害をおこす恐れがあります。ただし体感温度には個人差があるため、そうした場合には別途でパネルヒーター等を設置していただくことになります。

・温風が直接人に当たらない快適な住空間
エアコンは床下に吹き込まれ、貯められた暖かい空気が各部屋に送られます。この暖かい空気は温風で吹き出されないので直接人に当たることはなく、快適な環境になります。

標準設備のメリット

 

サンエコプロデュースが提案する住まいのこだわり






サンエコ Facebook公開中!  

関連会社

ページ上部へ戻る