太陽の光と省エネと庭を組合せたアパート

01

目的

 
サンエコガーデンとは、「太陽の光と省エネ、そして庭となるプライベートガーデンが付いた収益物件」を基本コンセプトとして企画設計しています。この3つを組み合わせた収益物件は他に類を見ないものとして企画したものです。その目的は、成熟した賃貸物件の中で差別化となる要素を引き出し、かつその要素から長期にわたって入居者が満足することでオーナーの収益性を維持できると考えた商品コンセプトです。

サンエコガーデン3つの特長
太陽の光と省エネと庭を組み合わせたアパート

特長 太陽の光 省エネ生活 プライベートガーデン(庭)
訴求 太陽光発電システム 暖房エアコン
照明はすべてLED
深夜早朝電力の有効活用
8畳のプライベートな庭が付いている

効果・効用

太陽光発電付きだから電気代が安い 設備・ライフスタイルの省エネ化で維持費削減 ドッグラン・BBQ・ガーデニングの快適生活提案

 

特長

 
1. 太陽の光とは「太陽光発電システムを装備」し、発電した電気はすべて入居者へ還元するため、入居者の電気代が安くなるアパート

 サンエコガーデンは太陽光発電を装備しています。また、その発電された電気はすべて入居者様に還元する仕組みを基本設計としているため、入居者様の実際の電気代は安くなります。図にある通り、太陽光発電は季節によって発電量が多くなったり少なくなったりしますが、多い月は5月であり、その際の発電金額は12,000円になるため実質の家賃は57,000円になるという仕組みです。
 生活維持費には家賃とともに必ず光熱費が付随するものです。その中で、電気は必要不可欠であり、毎月必ず支払わなければならないものです。その上で、アパートに太陽光が付いて確実に発電し、その発電した電気がすべて使用できるとしたら、大きなメリットになるでしょう。
 さらには、年間発電量のうち、85%以下になった場合は管理会社が補償してくれるシステムになっていますから、最低でも年間発電量の85%は電気を無償で使用できる仕組みになっています。この発電補償制度は太陽光発電付ならではの安心できるシステムです。
 

2.サンエコガーデンは設備をすべて省エネ設計とし、リビングは暖房エアコン、照明はすべてLEDにしているアパート

 サンエコガーデンは安全性を重視し、火を使用しないオール電化を基本としています。そのため、電力契約は深夜早朝料金が昼間の60%offとなる「ドリーム8」契約とし、省エネとなるライフスタイルを提案しています。

 また、リビングの暖房はヒートポンプ式寒冷地エアコンを装備し、こちらも省エネとなる設備を導入しています。
 そして、照明はすべてLEDとし、経済性を重視した設備設計になっています。

サンエコプロデュースが提案する住まいのこだわり






サンエコ Facebook公開中!  

関連会社

ページ上部へ戻る